忍者ブログ
[54] [53] [51] [50] [49] [46] [45] [44] [43] [42] [41]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★代官山:晴れたら空に豆まいて
「畳の国のひとだもの 2015 七夕 千秋楽」
  
 
7月8日発売『遠藤賢司デビュー45周年リサイタル in 草月ホール』レコ発記念ライブ。
 観客席に畳が敷き詰められ、畳の上に座りながら観覧できるという特別イベント。
 
 
客席横の壁にはエンケンさんの激筆が展示されていた。
 





当日限定メニュー!エンケン特許「ピラミッドカレー」も販売!
 
 
四方に鶏!なかなか肉肉しい!!ご飯の中に梅干が入っている。
ご飯をピラミッド型に盛り付けるのが難しそうだった・・・。




 
会場のスタッフさんが開演までに注意事項の説明などの後に
「エンケンさんがリハーサルの時『ハウリングが出るくらいの音が
一番心に来るよね』という名言をね・・・」と裏話を語って聞かせて下さったりと
業務的な感じが無く、会場内は気持ち良い雰囲気が漂う。



ゆっくりと客電が降りて、薄暗い中を静かにエンケンさんご登場。



●カレーライス
●44年目のカレーライス
 
新旧カレーライス生聴き比べ!!!!
煮込み続けて今年で46年目のカレーライスの深い味わい・・・。
カレーライスという名曲を世に放ってから幾年月。
個人のことや音楽のこと、目まぐるしい世の中のこと・・・
過去を振り返るばかりでない、現在の気持ちが素直に綴られた
決意表明も込められている曲。
これからのエンケンさんの生き様を見届けたい、と強く思う。

 
 
 
「僕は簡略化された象形文字、つまり漢字とその間を取り持つ平仮名と
 片仮名からなる文章で日本語で歌う、言音一致の純音楽家、遠藤賢司です」




 ●踊ろよベイビー
 ●満足できるかな

本編終了前辺りによく演るお馴染みの2曲を続けて。
ライブ終盤の体力気力ギリギリ感漂う演奏も激しくて良いが、
手拍子で盛り上がる観客の表情を楽しむエンケンさんの、
余裕の有る演奏もまた種類の違う格好良さでとても良い。
今回は珍しくノコギリギコギコ音の演出は無し。
ライブならではのパフォーマンスを控え、シンプルに音楽だけで勝負をかけてきた。





「畳の上って良いよね!永久化したら良い。
 靴の問題があるけど、畳の上で踊るって最高に良いよね。
 女の子が素足で踊ってたら可愛いよね~ミニスカートで来てね!」



「なでしこJAPANの、女の子の感想が良かった。
「頑張ってたからカッコ良かった!」って。ああ、やっぱりそれに尽きるなって。
 可愛いよね。澤とワンバックとの友情が良かった。でも男は情けないよね。
 反省無しにやってきた日本の姿を見る様な。
 反省しないんだよ。また同じところに戻るんだよね」


「俺にも皆にも137億年分のDNAがあって、確かめないとダメなんだろうね。
 命がけで確かめて戦争は嫌だってまたそこから始まるのかなこの国はって
 思うとすごく嫌だ。反省しないんだ。悪い奴はもう決まってるのに。
 戦争になったら女の人を徴用したりするよ。
 この国はいつまで経ってもダメだから。俺は知らん。
 俺の親父はもう3回も戦争行ったから、俺は知らない」




「マッドマックスの映画を新宿で観ました。良かった!やっぱり人間だね。
 人間が命がけでやってる映画って良いよね。
 ジョージ・ミラー監督素晴らしいなって思います」





 ●いつの間にか雨が

「釜という単語が出てきますが、ご飯を炊く時の分厚い木の蓋が
 鉄釜の上に乗っている、という画です」と説明。


梅雨の物憂い時期に合い過ぎる曲。
ハーモニカを通り抜ける熱を帯びた吐息と
雨だれのようなギターの音色と静かに呟くような歌唱が空気の中で絡み合う。





「CDを出すことが出来て羨ましがられて。
 ディスクユニオンは一生懸命、俺を好きで出してくれるから。
 写真入れてくれたり握手会もやってくれたり。
 別に誰に恥じることも無いレコードだから。良い会社だから。
 プロデューサーもデザイナーも皆良い奴だから、本当に一生懸命宣伝してる」





 ●地下鉄の駅へと急ぐ夏

雲の晴れ間から差し込む太陽の光を感じる爽やかな優しい曲。
「そろそろこういう晴れ間が欲しいな、と。
 梅雨が明けるとこういう晴れ間がくるんだなと思って歌ってみます」






客席から咳をする音に気付いて
「寒いでしょ?温度上げてもらう?大丈夫?」と声をかけるエンケンさん。
「よく映画館なんかでも冷えすぎて辛い時あるから気持ち分かる」




「さっきも言ったけど、マッドマックスは素晴らしい。30年前の映画なんだね。
 もしかしたら俺が夢よ叫べを出した時と同じ気持ちなのかもしれない。
 何十年振りかに正式なレコードを出す、という。
 ちょこちょこカセットとかソノシート出したりはしてたんだけど」





「はちみつぱいの武川くんが倒れたってたまたまメールしてた慶一から連絡があって。
 持ち直して良くなったんだけど。
 さっきの『カレーライス』もそうだけど、『がんばれ日本』っていう曲で
 ヴァイオリンを弾いてもらって。
 武川くんのアルバムを奥さんが聴かせたら途中でフィドルを弾くマネをしたんだって。
 何も喋れなかったのに。もしかしたら生死の狭間にいたのかもしれない。
 凄いなあって思った」


「僕の曲で『美しい女』っていう曲があるんだけど、3年前に妹が亡くなったんだけど、
 枕元にラジカセ置いて聴かせたんだよね。
 そしたら「うん、うん・・・」って言ったんだよね。音楽は凄いなって」



「椎名林檎のサッカーの応援歌、あれカッコイイよね。ちょっと悔しかった。
 俺も応援歌作って。校庭の片隅ですごく下手なブラスバンドが高校のサッカー部を
 応援する為にっていう設定で弾いてくださいって頼んだりする」




 ●雨あがりのビル街

塗れたアスファルトに反射する光や水溜りの中の揺れる波紋、
雨に塗れた都会の雑踏が発する独特の獣っぽい匂い・・・。
1音1音大切に奏でる。ギターを優しく揺すぶって音を揺らす様は、
赤ちゃんをゆりかごに乗せる手のようにとても優しく美しい。




「長嶺高文くんの偲ぶ会に参加しました。まだ俺の中では生きてるけど。
 プリティ・ボディっていう映画が1番好きだな。名作だと思う。
 勿論ヘリウッドも。俺さえ出なければ・・・。
 本当は松田優作さんが俺が出たいって言ってたらしいんだけど。
 俺の為には本当はそっちが良かったんだけどね。」


「松田優作、探偵物語の3話で、
 女の子2人がラジカセで東京ワッショイをかけて踊ってるんだよね。
 感動した。可愛い女の子が東京ワッショイで踊るんだよ!嬉しかったね」





 ●ハローグッバイ



 ●不滅の男





 ●猫が眠ってる

チューニングしてる間に鉤爪ピックを指に付ける。
鈴の付いたギターをローディーさんが運んでくる。

「生まれて初めて作った曲は『ほんとだよ』次が『夜汽車のブルース』
 次に作ったのがこの曲です」





「アルバムの帯の文字は僕が書きました。梵字みたいに書いてみた。
 例えば外人さんが見たときに不思議な字だなあって思ってもらえるように。
 でもちゃんと読めるように書いてみた」





今回入場時に受付でお土産の手渡し有り。
「今日のお土産、こんなの作ってもらえたの初めてで嬉しいな。お店の人に拍手を」
会場、拍手。




突然「トイレ大丈夫ですか?行く人いませんか?」と観客の心配をするエンケンさん。
「腰が痛くありませんか?一度立ちませんか?」の呼び掛けに起立する観客。
腰を揉んだりお尻を擦ったりしている観客に何を思いついたか

「四股でも踏みますか!」

立ってしまったばかりに四股を踏まざるを得ない状況に!どうしてこうなった(笑)
「じゃあ右から・・・よいしょー!」と声を合わせて会場全員で四股踏み。
なかなかこんな機会ないぞ(笑)





「トイレ大丈夫?静かな曲やるから、行ってくれた方が良い」
一切雑音の無い状態で集中してやりたかったから、あえての小休止だった模様。



「ではピアノ曲を弾きます」と言って奥のピアノへ移動。




 ●小さな日傘と大きな日傘

「ピアノだけは現場に来てからじゃないと触れないから。
 ギターは家でも触れるけどピアノだけはここに来ないと全く触れないから。
 こう、触って・・・」

ぐっぐっぐっとピアノを触ってから鍵盤に指を走らせて、

「会話をして、練習をするんです」

「手慣らし」ではなく「会話」と表現するところに、
楽器をただの道具としてではなく心を通わそうとしているのだ。





ステージ中央に戻って生ギター弾き語り。

 ●天使の歌


 ●フォロパジャクエンNo.1


 ●夜汽車のブルース


激しい選曲を続けて3曲も!



流れる汗に顔を顰めながら、立ち上がってフラフラと退場するエンケンさん。
アンコールを催促する歓声と手拍子鳴り止まず、再登場。
スタッフが数人がかりで素早くステージ上を整える。
 



●夢よ叫べ

会場にいる全員と心を交えるように眼と眼とを合わせ全身を震わせながら歌う。
ぐるっとゆっくり絶叫大回転を1回転決めた後も声が伸びる伸びる!!!!





● 今日はいい日みたい

ピアノへ移動。獰猛な大型の動物を調教するかように激しく鍵盤を打ったかと思うと、
優しく撫でるような手付きで鍵盤に指を走らせる。
囁く優しい歌声にホッっと優しい気持ちになる。




大見得を切ってニャーニャー言いながら退場。
拍手喝采鳴り止まず、エンケンさん再登場し、
「また来ます。ありがとう」と拍手に応えるエンケンさん。
 



 公演終演後は『遠藤賢司デビュー45周年記念リサイタル in 草月ホール』
発売記念のサイン&握手ならぬ「にゃあ!」の猫タッチ会
及び携帯、スマホでの2ショット撮影会と盛り沢山!!!!!
盛況のうちに無事に終了。




PR
遠藤賢司ファンサイト【純音楽錦模様】
このブログはサイトパーツの一部として使用しています。

忍者ブログ [PR]